FC2ブログ
≪ 2011 08   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2011 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皆さんこんにちは!AaisのNICOです!!

最近ではすっかり季節も秋らしい(肌寒い?)日も増えてきましたね

思ったより涼しい日も多くなってきたので何を着ていったらいいのやら、洋服選びに困ります


体調も崩しやすくなる季節の変わり目なのでみなさん、体調管理には気を付けてくださいね!!


みんなさんは、秋といえば何を思い浮かべますか?
私はやっぱり、秋といえば、食欲の秋!!芸術の秋!!ですね!!(普通ですいません)

そこで、大事な休日を利用して、秋の芸術グルメツアーにレッツゴー!(参加人数1名

まずは食いしん坊なので、早速腹ごしらえ

自由が丘にある「パティスリー・ア・ラ・カンパーニュ」へ!!

ここは、ゆったりとしたカフェで、カントリー調の木のぬくもりが伝わる家具で揃えられていて、ほっこりできます。

わりかしここで、ランチをすることが多いのですが、そんなに混雑していないのでゆっくり本を読んだり、食事をとることができます。お気に入りカフェの一つです

ランチは、色々あるのですが、一番高いものでも1300円程度!
スープ、サラダ、あったかいパン、メインのお料理、ドリンクをつけてこのお値段!なかなかいい感じです!

ここはウエディングなどのパーティーもうけているところなので普通のカフェ飯よりも本格的なお食事をいただけます

サラダスープかぼちゃの冷静スープとサラダ♪

パンドリンクと焼き立てパン♪

香草グリルメインの秋野菜と秋の旬なお魚の香草グリル♪

どれもとっても美味しかったです


おなかも満腹!!いよいよ美術館にレッツゴー!
今回私はあまり触れたことのない建築の展覧会に行ってきました。

場所は六本木


森美術館で開催中の「メタボリズムの未来都市展」です!!


私は普段、美術館によく出没するのですが、現代美術が大好きなので、現代美術の展示ばかり。

今回はあまり触れたことのない建築の分野なのでワクワクです!
どんな内容なのか楽しみ♪

暖簾美術館の階段をスキップで移動です!

どあセキュリティーを通過して
エレベーターエレベーターで52階を目指します!!
高いので、うーん!耳がいたい!

受付 到着!!

受付で音声ガイドを受け取りいざ出陣!!



ところで「メタボリズム」とは?

HPにも記載されていますが、メタボリズムとは生物学用語で新陳代謝を意味するそうです。
生物の新陳代謝のように、建築や都市も有機的に変化できるようにデザインされるべきであると提唱した世界で最も知られている日本の建築理論です。

1960年の世界デザイン会議で建築家丹下健三さんの思想・事蹟にその影響を受けた日本の建築家メタボリスト達が戦後の復興期から高度経済成長期に壮大な未来都市の像を描いて、多くのその素晴らしいアイディアを実現させ戦後の廃虚から立ち上がった日本の牽引力となったメタボリズム運動。

一見、展示を見ると現実離れしすぎているように見えますが、戦後の復興から何とか日本を甦えらせようとするメタボリズムの建築家たちの熱い情熱を感じます!


この展覧会では、今日の「メタボリズム」にどのような意義があるのかを私たちに問いかける世界で初めての展覧会だそうです!

今年の3月11日に日本は何百年に一度といわれる未曾有の震災が起きてしまいました。
それによって引き起こされた津波でも大きな被害が出てしまいました。
たくさんの人々の命が失われ、負傷者、行方不明者をだし、日本は現在大変な状況の真っ只中です。
そして今現在も、被災者の人々をはじめとする日本人みんなが何らかの形で毎日を戦っています。


戦後の廃虚から立ち上がった日本の牽引力となったメタボリズム運動を振り返ることで、現在も多く残る震災の余波も含め考ようとする新たなテーマも加わわりまさに南条館長の「時宜にかなった展覧会」というのも納得です。

展覧会は4つのセクションと特設のメタボリズムラウンジで構成されています。
展覧会の構成はおおまかに4つに分けられています。

1:メタボリズムの誕生
2:メタボリズムの時代
3:空間から環境へ
4:グローバル・メタボリズム

izumotaisha.jpg「出雲大社庁の舎」

代官山」ヒルサイドテラス代官山のヒルサイドテラス

東京計画東京計画

タカラタカラさんのなんと美容椅子!!
(今は現存しません)


そして展示は森美術館の中だけにとどまりません!!
黒川1
黒川
ご存知の方も多いと思いますが、中銀カプセルタワーの展示が見れるんですよ!!
みなさん見るのを忘れて帰らないように!!


各セクションごとの展示内容は非常にわかりやすくボリュームがあり、そこから色々なことが学べ、楽しめる本当に見ごたえあるものでした!

私のように全く詳しくない方でも、メタボリズムを知り、1960年代の昔にこんなに素晴らしい日本人の底力と発想力に脱帽しとっても感動をもらいました。

本当にすごかったです!!

満足しながら出口へ進むとそこにはMAMプロジェクトなるものが!


森美術館にはMAMプロジェクトといってこれから活躍する若手アーティストたちを応援するプロジェクトがあり、たくさんの若手アーティストの展示をしています。


今回は、香港を拠点世界中で活躍している若手アーティストツァン・キンワー(曾建華)

彼は、文字を使ってユニークな作品を制作します。
その作品から見る人それぞれに問いかける強いメッセージ性のある作品でした。

ツァンキンワー1ツァンキンワー2
ツァンとニコ

幻想的な空間の中に挑発的な強いメッセージが流れてきます。
こちらも是非体感してみてください!


素晴らしい展示を見た後は、展望台から見る東京を見下ろして、明日からまた新たな気持ちで頑張ろうと思いました!!
展望台2


是非皆さんも足を運んでみてください!!


NICOでした!







恵比寿 美容室 Aais HPはこちら!



スポンサーサイト
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。