FC2ブログ
≪ 2020 08   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2020 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

みなさん!こんにちは Aaisのニコです

最近はめっきり涼しく(肌寒く)感じる日が日増しに増えてきましたね。

でも散歩したり、ぶらりと買い物に行くにはとても過ごしやすいですね。

最近めまぐるしく忙しかったのですが先日やっとお暇をいただき、ずっとずっと行きたかった展覧会に行ってきました。

佐藤雅彦ディレクション “これも自分と認めざるをえない”展 です



看板

場所は六本木、ミッドタウンのGARDEN内にあります。

大好きなコーヒーを飲みながら綺麗に整備された、芝生が生い茂る遊歩道をのんびり歩き到着!!


美術鑑賞をするときはのんびりできれば一人でじっくり鑑賞したいと思う根暗タイプな私なので

必ず人気の少ない朝一に行くことに決めています!

ですが人気な展覧会なため、もうすでに人がちらほら、、、、

この展覧会はよくあるような見て感じるだけのものとは違い色々体験型の展覧会なんです!

テーマは「属性」

「属性??」とまずみなさん最初に思うと思います。

大辞林によると
1、「その本体が備えている固有の性質・特徴」
2、「それを否定すれば物事の存在そのものも否定されてしまうような性質」

だそうです。


つまりその人らしさ。

と私なりに解釈


日頃はあまり考えそうで考えることのないテーマ。

どんなふうにそれを感じさせてもらえるのか、、、ワクワクしながらいざ建物の中へ!


中に入り、受付をすますと早速注意書き。

「注文の多い展覧会」

う~む何やらとっても楽しみな予感

その注意書きのとおりまず、展覧会を楽しむための4つの準備をします!

最初に白い箱の中に入り、自分の名前(ニックネームでも可)・身長体重計で計測(数値は表には出てきません)・四角いスケルトンのコントローラーを持ち宙に星を描く・そして箱をのぞき込み目のスキャンをします!

準備

最初の潤ン日



これで準備完了!

階段を下りるとまず最初に白く光る空間に遭遇します。
「指紋の池」です。

中には自分の指紋をスキャンして金魚のような生き物にたとえて、池のように設定された巨大液晶の中に放ちます
エキサイトイズムより
指紋の池2

指紋の池
自分の指紋はどこに行ったのか途中で見失います

一旦認証させて指紋は帰る際、もう一度スキャンするとまた、自分の所に戻ってきます
なんだか可愛いような、気持ち悪いような何ともいわれぬ感情が込み上げてきます


次は自分は社会や周りからどう認証されているのかを簡単にtestされてるような展示の「属性のゲート」

属性のゲート

ゲートの上に認証カメラと「あなたは男性?女性?」といった質問があり、自分がこっちに属していると思うゲートの前に立ちます。

カメラ認証であなたはこっちに属していると判断された方のゲートが開きます。
自分が思った方のゲートが開くと一安心したり、喜んだり、悲しんだりしてドキドキします


次は 「outline to go」
エキサイトイズムより
アウトラインtogo
これは自分のシルエットの輪郭をスクリーンに映し出し、自分の輪郭の長さが分かります。

アウトライン1

横からひもが出ていてそれを引っ張ると自分のシルエットの輪郭がひも解かれていき、最後に輪郭の長さが表れる
というもの。

ちなみに私の輪郭は「4メートル30センチ」、、、以外に長い
(身長は152センチしかないのに、、、

普段自分のシルエットやら、輪郭さえあまり気にしていないので、新しい自分らしさを発見!

そして私が一番魅かれた作品がこちら。

「2048」
虹彩

近年個人情報漏えいや、セキュリティーに関することに意識が高まっていますが、生体認証システムを使った展示です。

生体認証は、静脈認証や指紋センサーなどいくつか種類はありますが、これは生体認証のなかでも間違える確率がほぼ0という精度を持った「虹彩認証システム」を用いた作品です。

虹彩1
スキャンした自分の虹彩モデルが映し出されます。

少しややこしい話にはなりますが、人の虹彩の濃淡をある基準で2048個の「0」と「1」の並びに置き換え
その並びで個人を特定できるというもの。

同じDNAをもった一卵性の双子でも、同じではないんです!

しかもその一部が消されて壊れてももまだ個人を特定できるんです。

展示では、一部を消してみたけど「まだあなたです It is still you」というアナウンスが流れ、何度か一生懸命消していきます。

そのうちに「もうあなたではありません」というアナウンスが流れます。

こうなるともう自分という特定はできません。

たくさん消さないと壊れない人もいれば、ほんの少しの消し方ですぐに壊れて特定できなくなる人もいます。


自分の虹彩パターンがどれだけ崩れたたら自分という特定がなされなくなるのか、どれだけ壊してもまだ自分という特定がなされるのか、、、またその怖さと感慨深さがあります。

その時感じる、感情はきっと来場された一人一人で全く違う受け取り方なんだと思います。

普段全くの無意識のレベルの中に存在している自分という新しい存在に気づかされみなさん各々に楽しんでいました。

展覧会を見るのに最初4つの準備をした中に、目のスキャンがありましたが、なるほどこういう繋がりだったんだー!
と納得


この他にも色々と考えさせられるテーマを有した展示が続きます。
虹彩の展示のように最初の準備が利用されるものがたくさんあります。


「金魚が先か、自分が先か」
金魚1

「座席番号G-19」
007.jpg


他の展示の内容はみなさん実際に行ってみてのお楽しみです

このほかにも色々な形で、展示がありますが全部の展示を見終わったら、佐藤さんに手紙を書けるコーナーがあります。
佐藤さんに手紙

帰りにはなんと、その返事がもらえるんですよ
佐藤さんに手紙1さん



ここではいろんな側面から見た「属性」について考えさせられ、「自分てなんなんだろう?」
など深いテーマが展示を見終わった今も考えさせられています。

私の仕事はみなさんのその「属性」の一部を生かしたり、抑えたり変化させたりして成り立っている部分が多く、むしろそれなしでは成立しません。その人だからできる最適なデザインを提供できるように日々頑張らなくちゃ!!と、とても勉強になる部分が多くありました。

体験型でとても楽しいですが、一方でとても濃い内容を持つ素敵な展示会だったです。
佐藤さんってすごいな~!!
みなさんもお暇があったら是非訪れてみて下さい!!
(人気の展示は整理券の配布があるなど込み合いますのでご注意を!)

頭をたくさん使ったのでそのあとは栄養補給
やっぱり私は色気より食い気みたいです(笑)
020.jpg
j.s. pancake cafe自由が丘店(とってもおいしいパンケーキです!)


NICO散歩でした
スポンサーサイト





属性。
馴染みがないようで、実は大事な言葉ですね。
それぞれの展示物で、こうだと思い込んでいた自分が、実は違ってたり・・・不安なようで楽しみでもありますよね。
NICOさんの属性がいちばん表れてるのは、最後のボリュームたっぷりのパンケーキだったりしてi-278
私も行ってみたくなりましたi-91
コメントありがとうございます!
普段は無意識なものも改めて見てみると、考えさせられるとても深い内容で面白かったですよ!

私の属性はおっしゃる通りv-274
食いしん坊族です!!

おいしいパンケーキ!もぜひ食べてみて下さい!i-179
この記事へコメントする















08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
QRコード