FC2ブログ
≪ 2020 08   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2020 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちわAaisのお局こと、NICOスマイリーです。


最近また一つ小じわが増えたのを発見して大変ショックですへこみ


Aaisブログ開始から数々の苦難を乗り越えついに登場しました。お待たせしました


さてさて、最近めっきり秋がやってきましたね絵文字名を入力してください

食欲の秋芸術の秋


ということで心と体の療養のため、ずっと行ってみたかった群馬県にあるハラミュージアムアークに行ってきました

ここは、東京の品川にある原美術館の別館的美術館です。


場所は、有名な温泉地伊香保温泉の近く

ニコの想像では、温泉まんじゅうが立ち並び、有名温泉を練り歩く人たちで賑わう『ザ!温泉』です


新幹線東海道新幹線に乗って、どんどこと。。。。。えっちらほっちら。。。


地方のローカル列車に乗って揺られ、東京から数時間、、、、

すったもんだの末についに到着!


さぞかし賑わっているであろう渋川駅に降り立ったところ、、、、、


、、、、、、??????あれ?




人っ子一人いません、、、。








野良犬さえいません、、、、。






あるのは『ようこそ!伊香保温泉へ!』と元気いっぱいのメッセージですが錆びて『ようこそ!』の

『そ』が消えていて、、、、、。



『ようこ!伊香保温泉へ!』と書いてあるシュールな看板に、、、、。





とっても心配になりましたが、せっかくの楽しい療養旅気を取り直してバスが止まっている停留所へ、、、、


乗り込んでみると、誰一人乗客がおらず、いるのは鬼太郎そっくりな運転手さんのみ、、、。顔文字




そして一言、、、、『伊香保温泉行き~




先行き思いやられる展開に。

なにわともわれLet’s Goゴー




普段私は晴れ女なのですが、、、、



この日は台風が近づいているうえ、秋雨前線も手伝って雨も降っていて霧がかかっていたのでまるで心霊スポットに来たかのよう、、、、アップロードファイル

鬼太郎運転手さんと2人。霧の中を走ること25分ぐらい。





やってきました!ハラミュージアムアーク!

IMG_0161 (2)


入口をはいると、パーっと広がる広大な敷地の中にそびえたつ黒い美術館!!

心ははずませ、いざエントランスへ!

最初に、野外展示もののお出迎え。
IMG_0211.jpg


カップルのために作られたであろう作品この中を2人てをつないでくぐるんであろうことを想像しながら



そそくさとスルー。

さっそく本当の中に入ると、、、、





これまた誰もいないんです!!顔



チケット売り場にも、、、、。どこにも、、、、。




私は、いわれもない恐怖感に駆られましたが、待つこと5分アップロードファイル


ようやく芸術肌のお兄さんが登場

『すいません!どうぞ、どうぞ』とお出迎え。ホッ

久々の人間との会話にハッとしながら、鑑賞鑑賞


ここハラミュージアムアークは現代美術を主にした展示や牧場と隣接しているとっても珍しい美術館なんです。

普段、美術館巡りが大好きな私にとって東京という場所は近場に無数の美術館があり何度行っても見飽きることがないほどの、アートな街です。

が、近年美術館は観光地化されゆっくり鑑賞できづらくもなっています。

そんな状況にやきもきしていた私にとってこの美術館こそが美術館の理想の形だと思いましたクラクラ

ギャラリーは、A・B・Cと3つの構成からなっていて、天井はピラミットのような作りで、外からのやわらかい自然光が入って作品に独特の雰囲気を与えるつくりになっています。

中でも私が一番見たかった作品

草間彌生さんの『ミラールーム かぼちゃ』です。

ギャラリーの一番奥。

外から見るとなんの変哲もない、真っ白なとびら。一見行き止まりかとおもうくらい。
その角にちっちゃなプレートを発見。近づいていると、、、、。

『草間彌生 ミラールーム かぼちゃ』の文字びっくり





確かに真っ白い壁によく見ると取っ手のようなものがある!


心臓どきどき、美術館には自分一人。聞こえるのはかすかな雨の音のみ。

開いてみると、、、、




IMG_0171.jpg




いきなり飛び込んでくるドットの山!




さっきまで静寂な空気が一転。

これこそ草間彌生の世界観!!

空間のなんかにはでっかい背方形のミラーの物体。






ここからどうぞ。

と言わんばかりの階段を発見!

いそいそ登ってみると、ちっちゃい小窓。


のぞいてみると、無数の南瓜の嵐!!


IMG_0184.jpg



このなかも鏡になっていて、見渡す限り無限の南瓜畑。

まさにミラールーム。

部屋のどこに立っても、どの角度からも違った空間を楽しめるこの部屋にいること一人。45分。

楽しいパニック状態でした

IMG_0189.jpg
草間さんのサインみ~っけニヤ


この他にも、束芋の『真夜中の海』や奈良美智『Eve of Destruction』・やなぎみわ・森村泰昌
などなど、本当に見ごたえあるものばかり。
IMG_0167.jpg
IMG_0194.jpg


そのほかの作品もじっくり、ゆっくり鑑賞できて気づくと4時間もの時間が過ぎていました。

ここには、カフェも併設されていて美術館を横目に、大好きなスイーツパクリ。
カフェダール
IMG_0219.jpg


ここではその時のエキシビジョンにちなんだケーキも限定で食べれますよ

そのあとは隣の牧場の、羊やら、ドックレースのワンちゃんと戯れ顔をよだれだらけにされて帰りましたnico


本当にゆっくりできて、何かを感じさせてくれる素晴らしい美術館でした。

皆さんもぜひ行ってみてくださいねるんるん


恵比寿 美容室 AaisのHPはこちら!
スポンサーサイト





この記事へコメントする















08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
QRコード